2006/12/24

CDR焼く

思いつきで再インストールを思いつく。
「設定バックアップせななあ」と思う。
HD自体は前の残しておいておこなうから、安心といえば安心なのだが、
ちょい不安なので、CDRに主要なディレクトリをバックアップ録っておこうと思う。
…が、CDRに焼く方法がわからない。(前やってるはずなのだが・・・)

http://fock.c.s.osakafu-u.ac.jp/~matsushita/cdr.htm

これを参考に行う。

中身を整理して、boot etc home rootあたりを/tmp/backupにあつめる。
そのディレクトリのイメージファイルを作成。
# mkisofs -o 20061223_linuxbackup.iso -V 20061223_BACK ./backup
一応、中身確認。
# mount -t iso9660 -o ro,loop=/dev/loop0 20061223_linuxbackup.iso mnttest/
CDに焼く。そのために使っているドライブの情報収集
# cdrecord -scanbus
SCSIバス、デバイスID、論理ユニット番号 = 1,0,0
と出た。上記を踏まえ、焼きコマンドを放りこむ。
# cdrecord -v -eject speed=8 dev=1,0,0 ./20061223_linuxbackup.iso
これでは、何故かエラーとなる。
cdrecord: Invalid or incomplete multibyte or wide character. Cannot open SCSI driver.

めんどくさくなったので、GUIツールをインストールし焼いた。
yum install xcdroast.i386
これでよかったのかなあ?

急ぎの用

M1みないといけないので、本日限りでも良いので、TVを復活させなければならない。
http://www.d3.dion.ne.jp/~koetaka/tuner.html

2006/12/16

MIDIを再生したい

ながく、書くトピックがなかったが、今回MIDIの再生がしてみたくて、挑戦してみます。

まずは材料

http://bbs.fedora.jp/read.php?FID=9&TID=3073

みてると、timidity++ を入れることから始まるらしい。

# yum install timidity++.i386

インストールは難なく成功。
しかし、実際にMIDIを再生してみようとすると、以下のエラーが出る。

# /usr/bin/timidity fff.mid
esd: No such file or directory
Couldn't open Enlightened sound daemon (`e')

ぐぐると、以下の情報が

「ここでesdを起動すれば再生はできるようになるのだが、ぶつぶつと音が切れてしまい、最終的には音がでなくなってしまう。 timidityはalsaに出力を送る事もできるので、Fedoraではalsaに出力をする-Osオプションをつけると良い。

timidity -Os ファイル名

という具合である。毎回-Osオプションをつけるのはめんどくさいので、aliasを設定してしまうのがいいかもしれない。」

とのことなので、/etc/bashrc に、以下のエイリアスを切った。

alias timidity='timidity -Os'

これで、めでたくMIDIが再生できるようになった。

ついでに、firefoxでMidiがおいてあるページで再生できていなかったのも解決する。

# yum install mozplugger

これをインストールするだけで、なんかなるようになった。
しかし…画面上にデカデカと再生マークが表示されるのは、ダサいなあw

Linux,firefox,flashで音が出ない問題。

表題の問題にぶちあたって、長くたった。
解消してみようとおもう。


上記の、2006/06/10あたりに解決方針がある。
・・・と、これでは解決しない。
なんとなく、これかなと思う。

http://blanc.zive.net/?page_id=228

このリンクの手順をすべてやれば、問題無く音がでた。
ということは、ほぼ全員fedora,firefox,flushplugin,youtubeの組み合わせなら、
音が出ていないのだろうか?

デスクトップ普及は遠いな・・・