2007/03/31

sambaの設置

Windowsのマシンも使ってて、不便なんで設定してみる。
(あんまいいおもいしたことがないのが、SMBだが)

yum -y install samba.i386

...としたが、すでに入っていた模様。

パブリックフォルダ作成

mkdir /home/public
chown nobody.nobody /home/public

ユーザ設定

pdbedit -a ユーザ


設定ファイル変更。

vi /etc/samba/smb.conf

[global]
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932
display charset = UTF-8
workgroup = XXXXXX
server string = XXXXXX
hosts allow = 192.168.1. 192.168.2. 127.
load printers = no
disable spoolss = yes

#ゴミ箱設定

[homes]
comment = Home Directories
browseable = no
writable = yes
各ユーザ専用のごみ箱機能追加(ここから)
※ファイル削除時に自動的にごみ箱へ移動されるようにする
vfs objects = recycle ← ごみ箱の有効化
recycle:repository = .recycle ← ごみ箱のディレクトリ名(/home/ユーザ名/.recycle)
recycle:keeptree = no ← ごみ箱へ移動時にディレクトリ構造を維持しない
recycle:versions = yes ← 同名のファイルがごみ箱にある場合に別名で移動
recycle:touch = no ← ごみ箱へ移動時にタイムスタンプを更新しない
recycle:maxsize = 0 ← ごみ箱へ移動するファイルのサイズ上限(0:無制限)
recycle:exclude = *.tmp ~$* ← ここで指定したファイルはごみ箱へ移動せずに即削除する
各ユーザ専用のごみ箱機能追加(ここまで)

(VIここまで)

起動&登録

service smb start
chkconfig smb on



あとは、Windows端末からテスト。

2007/03/27

FC6設定作業002

引き続きインスト作業

・Javaインストール
http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ja/download.html
vi /etc/profile
# java settings
JAVA_HOME="/usr/java/jdk1.5.0_11"
PATH="$JAVA_HOME/bin:$PATH"
CLASSPATH=".:$JAVA_HOME/lib/tools.jar:$JAVA_HOME/src.zip:"
export CLASSPATH JAVA_HOME PATH

source /etc/profile
# フォントの問題の解決
ln -s /usr/share/fonts/japanese/TrueType/ /usr/java/jdk1.5.0_11/jre/lib/fonts/fallback

・LimeWire入れる
rpm -i ./LimeWireLinux.rpm


・リポジトリ追加
http://www.a.phys.nagoya-u.ac.jp/~taka/linux/fc6note.html#yum
Dries RPM repository の設定
スーパーユーザになって /etc/yum.repos.d/dries.repo というファイルを作り、次の内容を書き込んでからセーブする
livnaの設定
rpm -ivhhttp://rpm.livna.org/livna-release-6.rpm
vi /etc/yum.repos.d/livna.repo
enabled=0に

/etc/yum.repos.d/thirds.repo
※上記HPの内容を記述

・xmms入れる
yum install xmms xmms-mp3

・mplayer入れる
yum install mplayer*
(前入れたMPlayerって、Driesから持ってきてたんだな・・・メモは残すものだ)
codecだけは、本家からダウンロード。しかし音がノイズだらけでわけわからん。
w32codecが必要と思われる。atrpmsからとるのが普通みたいだが、ない。
xineサイトの奴を入れてみる。
http://cambuca.ldhs.cetuc.puc-rio.br/xine/w32codec-0.52-1.i386.rpm
いろいろしたが、問題はLivnaから落としていないこと、他のが混在したことにあると断定。
全部消して、以下を実行。
yum --enablerepo=livna install mplayer*
その後、以下の問題にぶちあたりこのとおり解決。
http://fun.poosan.net/sawa/index.php?mode=show&date=20061228

教訓:MPlayer入れるときは、リポジトリをlivnaだけにしてyum!

2007/03/25

FC6をまた入れ直しとは・・・

なんか、得体の知れないハードエラーが出つづけていたので、思い切って再インストールしてみる。

やったこと。

・ネットワークインストール
site: ftp.riken.jp
dir : /Linux/fedora/core/6/i386/os/

・yum update フルアップデート

・yumから、以下入れる
thunderbird
ochusha
gaim

・旧環境から、/home/[user]に設定ファイルを全コピー
.thunderbird .ochusha .mozila .gaim

・以下のデーモン止める
bluetooth , cpuspeed , dhcdbd , isdn , sendmail , xend(いれたけどまたの機会に勉強) , xendomains

・以下のデーモン動かす
ntp

・Athcool導入
※ここで、前述の「正体不明のハードエラー」の正体がわかる!
こいつをONにすると、ハードウェアエラーが出まくるのだ!!
入れ直して損した・・・

・ntp設定
http://wiki.nothing.sh/page/NTP/%A5%D7%A5%ED%A5%D0%A5%A4%A5%C0%A1%A6%B5%A1%B4%D8%CA%CC
vi /etc/ntpd.conf
chkconfig ntpd on

2007/03/20

CAとか証明書とか

ここらへんの認識甘かったの、復習をかねて、調べて設定してみる。

概念はここでおさらい
http://mars.elcom.nitech.ac.jp/Research/MM/security/ca.html

以下のサイトの内容を実践。
http://www.aconus.com/~oyaji/www/certs_linux.htm

メモ

openssl req -new -nodes -out sumpic_req.pem -keyout ./sumpic_cert.pem
946 openssl genrsa -des3 -out sumpic_ca.key 1024
958 openssl req -new -x509 -days 3650 -key sumpic_ca.key -out sumpic_ca.crt
963 openssl genrsa -des3 -out sumpic_ca.key 1024
967 openssl req -new -x509 -days 3650 -key sumpic_ca.key -out sumpic_ca.crt
969 openssl x509 -req -CA sumpic_ca.crt -CAkey sumpic_ca.key -days 3650 -in sumpic_req.pem -out sumpic_signed-req.pem -CAcreateserial



途中,自動起動できなくなったので、ここを参考
http://mm.apache.jp/pipermail/apache-users/2001-April/000074.html

# openssl rsa -in ./sumpic_ca.key -out ./sumpic_ca_rsa.key
とかやって、RSA化(?)してから、所定の場所にコピーしたらなおった。
よくわからない。調べよう。

ここ完璧かも。
http://memo.blogdns.net/ssltls.html