2008/01/22

新システム準備作業(つづき1)

□データのコピー

hdd1とhdb1はマウントポイントが最初からあるので、それを使って、マウント&コピー。

# cd /media
# mount hdb1
# mount hdd1
# cp -a ./hdb1/* ./hdd1

本体データコピー前に元VGをアクティブに

# vgchange -ay VolGroup00
2 logical volume(s) in volume group "VolGroup00" now active
# lvscan
ACTIVE '/dev/NewVG/LogVol01' [1.97 GB] inherit
ACTIVE '/dev/NewVG/LogVol00' [16.94 GB] inherit
ACTIVE '/dev/VolGroup00/LogVol00' [18.94 GB] inherit
ACTIVE '/dev/VolGroup00/LogVol01' [1.94 GB] inherit



# mkdir NewVg_LogVol00
# mkdir Group00_LogVol00
# mount -t ext3 /dev/NewVG/LogVol00 NewVg_LogVol00/
# mount -t ext3 /dev/VolGroup00//LogVol00 ./Group00_LogVol00/
# cp -a Group00_LogVol00/* NewVg_LogVol00/
(ひたすら待つ)

□grub作る

# grub-install --recheck /dev/hdd1
Probing devices to guess BIOS drives. This may take a long time.
Could not find device for /boot: Not found or not a block device.
root@Knoppix:~# e2label /dev/hdd1 "/boot"
root@Knoppix:~# grub-install --recheck /dev/hdd1
Probing devices to guess BIOS drives. This may take a long time.
Could not find device for /boot: Not found or not a block device.
root@Knoppix:~# lvm vgchange -a n NewVG
0 logical volume(s) in volume group "NewVG" now active
root@Knoppix:~# lvm vgrename NewVG VolGroup00
Volume group "NewVG" successfully renamed to "VolGroup00"
root@Knoppix:~# lvm vgchange -a y VolGroup00
2 logical volume(s) in volume group "VolGroup00" now active

上記で、メッセージを読むとわかるのだが、grub-installが失敗している。
この作業はknoppix上でやっていたのだが、Knoppix上には、/bootディレクトリは無い。
本来は、元システムあるいはHDD稼働しているLinux上でやる作業?のようだ(推測)
わかってないものの「こうちゃう?」のノリで、knoppix上で/bootにhdd1をmount。
# grub-install --recheck /dev/hdd1
再度行うと成功。

HDDを移行先一機だけにして、起動。やった!念願のFedora6起動画面に。
ところが、Login後にGUIが立ち上がらない。
/dev/VolGroup00/LogVol00 は、全てこぴーしたのだが、たしか参考にしたサイトに「seLinuxコピーすんな!」とあったと思うので、ここを疑う。

シングルユーザモードで入り、seLinuxを無効に。

# vi /etc/sysconfig/selinux

6 SELINUX=disabled

これで再起動。おっけ!KDE起動。
長かったが、引越し終わり。これで新マシンくるまでしばらくつないで、その後バックアップとして封印するドライブとしよう。20Gの古いHDとはいえ、贅沢なバックアップ機器だw

次は新マシンの選定と、余らせた80GのHDDの使い道について考えよう。

2008/01/20

ややこしいことになった

ややこしいことになった。現在も進行中。

・HD異音がするので恐くなって別のHDへコピーしようとする。
・knoppixをつかって、ddコマンドでイメージごとやろうとしたが、from-toを間違えて途中までやってしまう。
・気づいてストップ。
・元のHD起動ができなくなった。

すぐ気づいて止めたためどこかが無事なら…と、「HD壊れた」系の情報を中心に模索中。
領域情報が書き換えられているとあたりをつけ、インデックスが変になった場合対応を探す。

LVNも絡んでるんだよな…

以下、スクラップ

http://bbs.fedora.jp/read.php?FID=9&TID=4279
http://nstage.ddo.jp/pukiwiki/index.php?KNOPPIX%A4%C7%A5%EC%A5%B9%A5%AD%A5%E5%A1%BC#content_1_0
http://memo.blogdns.net/lvm.html
http://pantora.net/pages/linux/lvm/3/

すこし救いがあったのは、1年まえにHDDを移行する際に元のHDDを消さずの越していたこと。
台所事情から、これをいかしつつ、このデータを逃がしつつがんばってみよう。


※メモ、後で解説
fsck.ext -f /dev/VolGroup00/LogVol00
resize2fs -p /dev/VolGroup00/LogVol00 14336M (場合によってはすごい時間がかかる)
# lvreduce -L -50G /dev/VolGroup00/LogVol00
WARNING: Reducing active logical volume to 21.94 GB
THIS MAY DESTROY YOUR DATA (filesystem etc.)
Do you really want to reduce LogVol00? [y/n]: y
Reducing logical volume LogVol00 to 18.94 GB
Logical volume LogVol00 successfully resized
# lvscan
ACTIVE '/dev/VolGroup00/LogVol00' [18.94 GB] inherit
ACTIVE '/dev/VolGroup00/LogVol01' [1.94 GB] inherit



■HDDそのまま交換系

http://d.hatena.ne.jp/shpolsky/20070306
http://wiki.mmj.jp/index.php?Fedora5%2F%CF%C0%CD%FD%A5%DC%A5%EA%A5%E5%A1%BC%A5%E0
http://wiki.mmj.jp/index.php?EtCetera%2FHDD%B4%B9%C1%F5

・こぴー元の構成を真似てパーティションをわる
# fdisk /dev/hdd

このディスクのシリンダ数は 39560 に設定されています。
間違いではないのですが、1024 を超えているため、以下の場合
に問題を生じうる事を確認しましょう:
1) ブート時に実行するソフトウェア (例. バージョンが古い LILO)
2) 別の OS のブートやパーティション作成ソフト
(例. DOS FDISK, OS/2 FDISK)
コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/hdd: 20.4 GB, 20416757760 bytes
16 heads, 63 sectors/track, 39560 cylinders
Units = シリンダ数 of 1008 * 512 = 516096 bytes

デバイス Boot Start End Blocks Id System

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
e 拡張
p 基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-39560, default 1): 1
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-39560, default 39560): 208

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
e 拡張
p 基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 2
最初 シリンダ (209-39560, default 209):
Using default value 209
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (209-39560, default 39560):
Using default value 39560

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/hdd: 20.4 GB, 20416757760 bytes
16 heads, 63 sectors/track, 39560 cylinders
Units = シリンダ数 of 1008 * 512 = 516096 bytes

デバイス Boot Start End Blocks Id System
/dev/hdd1 1 208 104800+ 83 Linux
/dev/hdd2 209 39560 19833408 83 Linux

コマンド (m でヘルプ): w
領域テーブルは交換されました!

□PV作成

# pvcreate /dev/hdd2
Physical volume "/dev/hdd2" successfully created
# vgcreate -s 32m NewVG /dev/hdd2
Volume group "NewVG" successfully created

解説に、「以前のエクステント数をlvdisplayで参照して、-lを指定します」とあるが、
-Lで容量指定ができるともあるので、それでやってみる。

# lvcreate -L 1.94G -n LogVol01 NewVG
Rounding up size to full physical extent 1.97 GB
Logical volume "LogVol01" created
# lvcreate -L 17.03G -n LogVol00 NewVG
Rounding up size to full physical extent 17.03 GB
Insufficient free extents (542) in volume group NewVG: 545 required
# lvcreate -l 542 -n LogVol00 NewVG
Logical volume "LogVol00" created

□ファイルシステム作成

root@Knoppix:~# mkfs -t ext3 /dev/hdd1
mke2fs 1.40-WIP (14-Nov-2006)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=1024 (log=0)
Fragment size=1024 (log=0)
26208 inodes, 104800 blocks
5240 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=1
Maximum filesystem blocks=67371008
13 block groups
8192 blocks per group, 8192 fragments per group
2016 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
8193, 24577, 40961, 57345, 73729

Writing inode tables: done
Creating journal (4096 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 37 mounts or
180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.
root@Knoppix:~# mkfs -t ext3 /dev/NewVG/LogVol00
mke2fs 1.40-WIP (14-Nov-2006)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
2223872 inodes, 4440064 blocks
222003 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=0
136 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16352 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
4096000

Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 32 mounts or
180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.
root@Knoppix:~# mkswap /dev/NewVG/LogVol01
Setting up swapspace version 1, size = 2113925 kB
no label, UUID=37ea65ae-1996-41c0-b061-fc409f9e9527

2008/01/13

エミュレータ&DTMソフトのインストール

表題のとおり、インストールを行った。

■ファミコンのエミュレータ「FCE Ultra」

以下のURLからバイナリをダウンロード
http://fceultra.sourceforge.net/

解凍後、バイナリビルド、インストールする。
$./configure
#make install

起動方法は、以下のとおり。UIが欲しいのだよなあ…
$ fceu -inputcfg gamepad1 /dev/input/js0 [ファイル名]

■DTMソフト「ardour(Version 2)」

以前から入れていたのだが、世の資料がすべて最新版なので入れる。

Fedora 6用のrpmを入れるため、リポジトリを追加。(planetccrma)

# rpm -Uvhhttp://ccrma.stanford.edu/planetccrma/mirror/fedora/linux/planetccrma/6/i386/planetccrma-repo-1.0-3.fc6.ccrma.noarch.rpm

で、yumでインストール。
# yum install ardour2.i386

今のところ動いているが、もうちょっと使ってからでないと、不具合はわからないな。

ベーシックなエフェクト(リバーブ、ディレイなど)はどうやってかけるんだろう。
VSTしかないのかなあ。VSTだったとしても、Wine絡めな動かんっていうしなあ。

前途多難そうだ…