2010/08/17

SonyVAIOの「バッテリーの充電が完了しました」音声ファイルを取り出す

多分ニーズないだろうけれど…w 自分的に苦労したので記録。
知人がメールの着信音を、SonyVAIOの"消したい音声"でおなじみ「バッテリーの充電が完了しました。」にしてて笑ったので、自分の携帯の充電完了音をそれにしたくて探す。(無論、俺の携帯はW-ZERO3、Sony製ではないw)
あと、ココ見て感動したり、「茂木さん美人さんだなぁ」とか色々…

で、音声ファイルを捜すが、Google先生は無いの一点張り。
ここで、Sony公式の「ドライバダウンロードサイト」にユティリティが転がってないか探してみる…とビンゴ。

■必要なもの
・どうなっても良いWindowsXPマシン

■作業
※レジストリやProgramFiles内を汚すので、どうなっても良い環境でやるのが吉です。一番賢いのは、使い捨ての仮想OS内かも?

ココから"PowerPanel_410S009XA.exe"をダウンロードし、解凍。
・フォルダができると思うので、Disk1\Setup.exe実行。
・エラーメッセージが出まくると思うが、OK押しまくる。
・"C:\Program Files\PowerPanel\Program" (デフォルトなら) というフォルダが出来ていたら、そこに"FULLBAT.WAV"、"LOWBAT.WAV"が出来てれば成功。

…ただ「セットアップ失敗するユティリティの中から残骸取り出している」だけですけどねw
少し足りない作業があるかも?「"SnyUtils.dll"が無い」的なメッセージで、インストーラが進まない人は、ココから"SUDLLME.EXE"をダウンロードしてインストールしてみてください。

■所感
必要ないし、作業としてもレベルの低いものですが、「欲しかったので人の実機から取り出した人」も居るみたいなので、取りあえず記録。
これで、Sharp製の我が携帯もSonyStyle(パチもん)へとよりウサン臭くなれたのではないかとw

※無断連載・リンク切れご容赦。

2010/08/15

HP t5730w Thin Client の設定


日本橋のPC-NETというところで、6,980円で売ってたので、サーバーできんじゃん!と思って購入。

動作確認に、HP公式サイトから落とせる「Windows XP Embedded」を入れてみたところ、「い、家にあるすべてのマシンよりUI・動画サクサクじゃん?」てな感じになったので、「XP運用」できないか模索。(おめーん家がしょべーん(ry)

■参照
ここを丸パクリさせていただいた。感謝!(そして無断リンクご容赦)
http://blogs.dion.ne.jp/au_masa/archives/8716464.html


■方針
・既存構成はできるだけ触らない(不自由な点のみロックを外していく、てな要領で)
・USBメモリをHDD替わりにする(Dドライブとして外さない)
・Program Filesとマイドキュメントは、Dドライブに同一構成作って、極力そっちへ持ってくよう努力する運用(人力てwアホっぽいw)


■用意
・本体
・ディスプレ、マウス、キーボードとかあれやこれや
・USBメモリ(HDDの代わりで運用します大きさはお好みで(8G以上推奨))
・HP純正「WindowsXPEmbdedd」イメージ ※ココからダウンロード 


■作業
・ダウンロードしたExeから、USBにOSイメージを書き込む
・USB差して内部SSDにOS書き込む

・Shift押しながら起動。Administrator/Administratorでログイン。
・右端のタスクトレイから、EWFは「ライトフィルターを無効化」にする。(これでHDに書き込める)
・プログラムの追加と削除から、要らないものをアンインストール(要領減らしと管理外のものをおいておきたくないため)
 Altiris client Agentz
 HPCA Registration And Loading Facility
 Symantec Endpoint Protection Firewall
 Vmware View Client(要る局面はあるかもしれないが、あくまでも「使えるXP端末を作る」なので…)
 HP device Advice Eagent
 HP Sygate Security Agent
 Java(TM) 6 Update 14
・管理ツールから、UserManagerでログインユーザの整え
 Kazuhito追加
 KazuhitoをAddministratorグループへ追加
 Userを削除
・レジストリエディターから、オートログイン設定を消す。
 \HKEY_LOCAL_mACHINE\software\Microsoft\Windows NT\currentViersion\WinLogon\ らへんから、
 AltDefaultPassword、AltDefaultUserName、AutoAdminLogon、AutoLogonPasswordDefaultPassword、DefaultUserName
 など、それっぽいのをしこたま削除。
・インストールに使ったUSBをフォーマット、Dドライブとして認識しておく
・画面解像度の変更など、カスタマイズ
・ログオフ、再起動し、一度自分のユーザでログインしてみる。
・MyDocumentをd:\側に移しておく。
・デスクトップに、マイドキュメント、マイコンピュータ、マイネットワークをよみがえらせてひと段落。これでXPっぽく。
・実行可能な容量を作る努力
 レジストリエディタで「Z:\~」になっているものを、「D:\~」に変更(USBメモリは用意しておくこと。)
 コントロールパネルから、「HP RAMディスクマネージャ」により、RAMDIskを最小(2)にする。
 ※消せるかもしれないが調査不足、メモリを50食って処理しているのと同じだから、返還してあげる。



■既知の不具合(随時更新中)
・AdobiReader入れられず。インストーラでエラーメッセージボックス出してこける。

■所感
まだ「調べ物をWebで検索する程度」しか使ってねーけど、割とサクサク。ニコ動もスイスイ♪

調べるとEmbededdは「その箱用にシェイプして作るWinOS」らしいすね。
で、このThinClient用OS、初っ端じゃ何もインストールできない。
本当にWebとMPlayerとVMWareビューアにだけにしかなりえない「ThinClient」だった。

結構ピュアにDOS-V機っぽいので、USBにCDイメージいれてブート試したら純正XP、2000とかもいけるぽい。
(他サイトで出来たって人を見た)
ただ、如何なる場合も「ドライバ探し地獄」が時間食いそう…その点HP提供のEmededdは完璧なので、そっち削ったほうが楽だと判断。それに機械さえ手に入ればライセンス言われずにタダでXPを複製し放題って気持よくね?w
つーことで、今回は「純正からどれだけ時間と手を掛けず使い物にするか」基準でやってます。
(このやり方だと「何個か買って大量生産」という目もある。ほんとは他OSも改造もいろいろあるらしいんだけどね…)

情報によれば、中古市場で大量出回り期は4000円くらいだったらしいので、今のタイミングで7000円は割高なよう。
ただ、「一万円程度でWen・メールそこそこできる省スペース無線端末(Fanレス)が手に入る」と考えれば、ニーズありそうってかジジババ騙せそうw

たとえば、リビングなどの多人数が居る場所に、テレビをモニターとしてつないどく、って使い方。
Lan引くとか処置をしなくても追加出来るのは価値があるかなと。

コイツは現在、PC欲しがっている従兄弟んとこに就職予定で、入れれるアプリでニーズが合うか模索中。
で結局、サーバ用もう一台買ったw(割高だとあれほど…)