2012/09/30

JenkinsでビルドしたSphinxのHTMLをGoogleAppEngineで公開する


※連載です。Jenkins/Sphinxの装備・環境などは前回を参照してください。

Sphinx一切出てこないし、Jenkinsである必要も無いので「タイトル詐欺だ!」と思われるかもしれませんが、いちおー「前回を前提に話す」のでご容赦を…。

ま、この話自体がポシャってしまったのですが、
「Sphinxドキュメントを無料にて多人数翻訳し公開する方法」の続きです。

翻訳に必要なものを以下のように定め、具体策を思案していました。
  1. コミニュティ
  2. ソース管理
  3. ビルド環境
  4. 成果物公開場所
で、前回1,2を決め、3は前回のテーマの通り「CloudBees:Jenkins」。
そして検討の結果、4は以下のようにしようかと…。

  1. Google Group
  2. Assenbla
  3. CloudBees:enkins
  4. Google App Engine

なぜGAEにしたのか…今考えると、それである必要は無いのですが、

  • 前から使って見たかった。
  • 閲覧制限させるのに、アクセス制限機構を自分で作りたくなかった。
  • コミュニティにGoogleGroupを使っており、絶対に垢あるし、親和性があると思って。
    (最初は「Group使ってアカウント管理を代行できないか?」を模索していた)
  • サーバ側はPythonが標準言語の一つで相性良いかなと。
という「エゴと希望の入り混じった私的趣向」だったりしますw

----

2012/09/19

CloudBeesさん提供のJenkinsを使ってSphinxドキュメントをビルドする方法


私は今、有志の勉強会の、とある「読書会」に参加しています。
ただ、その「読書の対象」が洋書でして…。

そこで、個々参加メンバーが持ち回りで翻訳することとなっているのですが、
「絶対に一人がどこかを翻訳して来るのだから、その翻訳成果をまとめて完了時には一冊和訳出来ているようにしよう!」
となりました。

しかし、当たり前ながら、それも売り物かつ著作物…公開するわけには行きません。
そこで、「メンバー達だけが編集できて、メンバー達が閲覧できる何か」が必要になってきました。

メンバーのお一方がすでに使用されていたのと、翻訳に使っている実績があるとのことで、ドキュメント形式は「Sphinx(Python製プロダクト)」と決まりました。

SphinxはTexのように「元文書はソースみたいなもので、ビルドにより成果物が出来る」タイプのものです。

なので、以下のものが必要になってきます。
  1. メンバー用のコミニュティを無料かつメンバーオンリーかつクラウドで
  2. メンバー用のソース管理リポジトリをメンバーオンリーかつクラウドで
  3. メンバー用のビルド環境を無料かつメンバーオンリーかつクラウドで
  4. メンバー用の成果物閲覧環境を無料かつメンバーオンリーかつクラウドで
そして、今決まっているのは…
  1. Google Group
  2. Assenbla
  3. 未定
  4. 未定
なのです。